Web会議システム周辺機器

Web会議システム周辺機器

 「サービス等生産性向上IT 導入支援事業」

2020年6月2日

経済産業省「サービス等生産性向上IT 導入支援事業」(IT 導入補助金)のIT 導入支援事業者として認定されました。

----------------------------------------

IT導入支援事業者とは、補助事業を申請者とともに実施するうえでの共同事業者(=パートナー)です。

中小企業・小規模事業者等のみなさまの生産性向上のために、ITツールの提案・導入及び事業計画の策定の支援をはじめとし、各種申請等の手続きのサポートを行います。

 

◇「サービス等生産性向上IT 導入支援事業」(IT 導入補助)の概要

(1) 事業の目的

IT 導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったIT ツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。自社の置かれた環境から強み・弱みを認識、分析し、把握した経営課題や需要に合ったITツールを導入することで、業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図っていただくことを目的としています。

(2) 補助対象業者

中小企業・小規模事業者等
(飲食、宿泊、卸・小売、運輸、医療、介護、保育等のサービス業の他、製造業や建設業等も対象)

(3) 補助対象経費

 ①  通常枠A類型・B類型
    ソフトウエア費、導入関連費等
 ②  特別枠(テレワーク導入や業務改善費用について資金繰りにお悩みのみなさま向け)Ⅽ類型
    ソフトウエア費、導入関連費、ハードウェアレンタル費

(4) 補助金の上限額・下限額・補助率

 ①  通常枠A類型・B類型
    A類型30万~150万円未満/B類型150万~450万円
    補助率1/2以下
 ②  特別枠(テレワーク導入や業務改善費用について資金繰りにお悩みのみなさま向け)Ⅽ類型
    補助下限額・上限額 30万~450万円
    補助率 2/3以内(C類型-1)、3/4以内(C類型-2)
 

対象製品は、「IT 導入補助金2020」公式サイト(https://www.it-hojo.jp/)に公開されます。

 

 Web会議システム

webconference
◆会議室の規模に合わせたオススメ周辺機器は、こちらをご覧ください

Webex製品情報 https://www.webex.com/ja/video-conferencing.html
Webex試用 https://cart.webex.com/sign-up?locale=ja_JP
zoom製品情報 https://zoom.us/jp-jp/meetings.html
zoom試用 https://zoom.us/signup
Bluejeans製品情報 https://www.princeton.co.jp/bluejeans/
Bluejeans試用 https://regist.princeton.co.jp/bluejeans/contact/purchase/form/

*試用の際は、それぞれの製品の利用規約をご確認の上、ご利用ください。

 「千年カルテ」利用者サポート業務
事業名 千年カルテ」利用者サポート業務
事業内容 保守
提供先 NPO
事業概要 千年カルテ事務局/千年カルテ参加施設/電子カルテベンダー/ネットワークベンダー/利用者等の運用支援、現地対応
期待される効果 千年カルテ事業において、関係各所と連携を図ることによりより一層の安定サービスにつながる。
 遠隔カンファレンス運用保守
事業名 遠隔カンファレンス運用保守
事業内容 保守
提供先 医療機関
事業概要 遠隔カンファレンスの運用保守
期待される効果 県内外の医療機関をビデオ会議システムでつなぎ、ケースプレゼンテーションを行うことにより、症例情報を共有できる。
 デスクトップPC,液晶ディスプレイ等のリプレイス
事業名 デスクトップPC,液晶ディスプレイ等のリプレイス
事業内容 販売
提供先 大学
事業概要 機器老朽化によるリプレイス
期待される効果 PCやディスプレイのスペック向上により、仕事の効率が上がり、1日あたりの仕事量が増加。
 教育支援システム運用保守
事業名 教育支援システム運用保守
事業内容 保守
提供先 大学
事業概要 情報教育、語学教育を統合したマルチメディア学習システムを構築。同時にe-Learingシステムを整備
期待される効果 情報、語学教室を一つに集約し、マルチメディア環境による学習者にわかりやすい環境を提供。
 ネットワークシステム運用保守
事業名 ネットワークシステム運用保守
事業内容 保守
提供先 大学
事業概要 ネットワークシステムの更新に伴う、システム構築、運用及び保守
期待される効果 各システムの基幹となるネットワークの安定運用に寄与。